本文へスキップ

大崎上島町商工会青年部による面接練習を行いました。

令和3年9月10日(金)
就職希望者を対象に,大崎上島町商工会青年部による面接練習を行いました。生徒たちは,事業主目線の面接練習を受けることで,緊張感のある,より本番に近い面接を体験することができました。
大崎上島町だよりの記事はこちら

第10回うまいもん甲子園で全国大会に出場することが決定しました。

令和3年9月8日(水)
 大崎海星高校が第10回うまいもん甲子園中国四国大会に出場し,この大会を突破し全国大会に出場することが決まりました!文化祭や地域の行事で販売が続けられてきた「海星バーガー」ですが,新型コロナウイルスの影響で海星バーガーを売る機会も全てなくなってしまいました。そんな中,先輩が考案した海星バーガーを後輩に伝えていきたいという有志の生徒がプロジェクトを立ち上げました。うまいもん甲子園もコロナ禍でオンラインでの開催となり,実際にプレゼンテーションをする代わりに動画を送って審査をしてもらうという方法に変更されました。

実際に審査に使われた動画はこちら

ぜひご覧ください!    
 

 


ひろしまの仕事図鑑と木江マップが完成しました。

令和3年5月6日(木)
 令和2年10月から大崎海星高校,因島高校,御調高校,安芸南高校,広島観音高校の5校の有志でオンラインも活用しながら作成してきた「ひろしまの仕事図鑑」と令和2年12月から高校生デザインプロジェクトとして本校の生徒が大崎上島町観光協会と協力して作成してきた木江地区のマップ「きのえ ねことみちくさ ものがたり」ができあがり,大崎上島町の高田町長と大崎上島町教育委員会の西田教育長に完成を報告する表敬訪問を行いました。
 


旅する櫂伝馬2020を実施しました。

令和2年10月17日(土)
 今年度の旅する櫂伝馬は,「#輪になれ大崎上島」を合言葉に,島一周56.7qを走破しました。地域や保護者の方々のご協力や声援のもと, 大崎上島にある3つの厳島神社を経由しながら,大崎上島を伝統の櫂伝馬で1周しました。
 実施要項は,こちらをご覧ください。
 


総合的な学習の時間「大崎上島学V(航界学)」支援制度を設立しました。

令和2年10月7日(木)
 大崎上島学V(航界学)では,生徒が自らの興味・関心や地域社会のニーズをもとに,プロジェクトを立ち上げ,課題解決に挑んでいます。 そのプロジェクトの中には,経費負担が発生する取組もあり,生徒が自己負担したり,参加者の会費によって賄っていたりしました。 そこで,『高校魅力化&島の仕事図鑑』(学事出版)の出版における印税の一部を,生徒のプロジェクト支援のために活用することとなりました。
 その第一弾として,「あずまやに花壇をつくる」と「Local photobook」というプロジェクトを進める2グループが申請を行い,審査会を経て,申請金額通りの支援が確定しました。
 詳しくは,こちらをご覧ください。
 


「島の仕事図鑑」の取組が,「キャリアガイダンス」にて紹介されました。

令和2年7月10日(金)
 本校が,商工会や広島商船高専と連携して作成してきた「島の仕事図鑑」の取組が,リクルートのキャリアガイダンスにて紹介されました。
 記事が掲載されたサイトはこちら


大崎上島学で「島のパンフレット」を作成しました。

令和2年6月17日(水)
 現3年生が昨年10月より大崎上島学U「潮目学」で取り組んできた「島のパンフレット」がついに完成し,代表生徒4名が,大崎上島町観光協会の方にお渡ししました。観光協会の方からは,「このパンフレットを読んで,この記事の方に会いたいって思う人が出てきそうだね。」「デザインすること,文章を書くこと,仕事を知ること,色々な事があったと思うけど,どれか一つでもみんなの役に立てばうれしいなと思います。」というコメントをいただきました。
 「島のパンフレット」は,観光案内所にてご覧いただけるので,手に取ってみてください!
 


櫂伝馬が大崎海星高校にやってきました!

令和2年6月5日(金)
 木江櫂伝馬保存会様より本校に櫂伝馬をお譲りいただき,正面玄関前のホールに展示しました。同会長の森川完治さんからは,「高校生たちが櫂伝馬を身近に感じてくれたら嬉しい。これからの高校での活動に使ってください。」とメッセージをいただきました。ありがとうございました。

 



 

contents

広島県立大崎海星高等学校